湿気対策が重要

着物は長期に渡って保管をしていると劣化してしまうことがあります。
正しい保管方法を知っておき、着物を劣化させないようにしましょう。
湿気を避ける
湿気は着物生地にとって大敵です。
型崩れの原因にもなりますし、湿気が多い場合はカビの原因になることもあります。また、入れる器はプラスチックなどの通気性の悪い物は避けて、通気性も良く、抗菌性のある桐の箱がおすすめです。

タンスにしまう場合は上段
タンスなどいくつも収納があるところにしまう場合は、できるだけ高い位置で保管するようにしましょう。これも湿気対策の一つで、湿気は地面に近ければ近い程溜まりやすくなり、上にいけばいくほど湿気は少なくなるからです。

防虫剤は1種類
防虫剤は虫から着物を守るためには必要なものですが、複数の種類を入れている人もいます。
成分が違うものが一緒になると化学反応によって防虫剤が漏れ出したりなどのトラブルなどがありますので、十分注意する必要があります。

トップページへ

着物の保管方法記事一覧

着物を汚してしまった場合はどのようにして洗えば良いのでしょうか。最初は水で落とす!汚してしまった場合は、最初は洗剤などを使用せずに水で落ちるかどうか確認しましょう。布などに水を含ませて汚れた部分をやさしくこすります。水で落ちるようであればそのまま汚れを取って、水では落ちない場合は洗剤を使用します。洗剤は薄めて使う洗剤を使用する場合は必ず薄めて使用するようにしましょう。洗剤は生地を傷める可能性があり...