共通する特徴

着物の買取は着物の状態によって大きく値段が変化します。
高額で買取をしてくれる着物の状態とはいったいどのような状態のことをいうのでしょうか。
新品に近い
新品に近いものは高額で買取をしてくれます。

開封してしまうと新品ではなくなりますが、開封後に一度や二度ぐらいしか着ていないものはほほ新品、新古品として取り扱われます。
また、注意したいポイントとしては、付属品などもきちんと揃っているかです。

箱はもちろんですが、証紙、包み布、説明書きなどの買った際についてくる付属品も全て揃っていると非常に高い値がつけれます。
保管状態が良い
着物は保管をしていないとすぐに劣化してしまうものです。

いくら着用回数が少なくても保管状態が悪いものは高く売れませんので注意しておきましょう。
保管状態が良いというのは、型崩れがしていない、カビなど変色部分がないということです。
匂い
匂いは買取金額に大きく影響するといわれています。

カビが生えていなくてもカビの匂いがするなどの場合は、着物の中の部分にカビが生えていると判断されやすいので注意しましょう。

高く買い取られる「季節」

着物はいつでも同じような値段で買い取られると思っているひと、そうでもないんです。たとえば、七五三シーズンって11月ですよね。

秋頃から着物を探し始めるひとが多いので、夏ごろ〜秋の初めに七五三用の着物を売れば、そのぶん高く買い取られる可能性は高いです。

冬になる直前に冬の着物を売ったり、卒業式や、入学式シーズンの前に晴れ着を売ると、そのぶん高価買取が期待できます。

逆に、そのシーズンが終わってしまってから売ると、思っていたより安く買われることも…。

なんとなく売るのではなく、季節を意識してみましょう。「自分なら、この着物を買うとして、いつ買うかな?」「この着物の用途は○○だから、この季節によくつかわれそう」と考え、逆算して売ると、いいお金になるかも知れませんよ。

トップページへ

高く売れる特徴記事一覧

着物は色やサイズによって高額で買取になるのか、価格や安くなるのか変化しきます。それでは、どういったものが高く売れるのでしょうか。人気のサイズサイズについては着丈が160センチからが一番高く売れます。ポイントとしては、大きい方が高く売れやすいということです。大きいものであれば、サイズの調整ができますので、買い取ってから調整して販売ができます。大きすぎて売れないということはありません。しかし、小さいも...

着物は生地で良し悪しが決まるといわれています。様々な生地がありますが、一般的には絹は高額対象となりやすいです。絹の中でも純度の高い正絹は特に高額対象です。化学繊維などを使用しているといくら見栄えが良くても高額にはならないことが多いです。ブランド着物のブランドは人間国宝が作家となったものは特に人気が高く老舗呉服屋の仕立てたものも人気があります。そのほかには工芸会などに出品している有名作家の着物も価値...

宅配業者に頼む時に提示された金額が本当に適正なのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。着物買取の宅配業者を頼む場合は、相見積もりは必要になるのでしょうか。高い着物でない場合ブランドものなど以外のあまり高くない着物の場合はどこに出してもある程度価格は同じだと言われています。その為、相見積もりをとってもあまり意味がない、値段の差は生まれないと言えます。ブランド物など、買い取り価格が高いと予想される...

どれだけ丁寧に畳んでいても、少しくらいシワはついてしまうものです。できるだけ高く売りたい!という方は、送る前に、着物に「アイロン」をかけてみませんか?「着物にアイロンなんてダメでしょ」「生地が傷んでしまいそう」と思いがちですが、手順を守れば着物にアイロン、かけていいんです。まず、絹でできている着物。絹でできているものは、濡れてしまうと縮みやすいので、霧吹きはせずにアイロンをあてます。アイロン台に、...