着物買取の「相場」とは?

おおよそどれくらいの値段がつけられるか、わかっていると安心ですよね。

着物買取にも「相場」が存在します。まず、有名作家が作った着物や有名デパートで売られていたもの、そして有名染織り物の場合は、3万から高いもので10万円くらいの買値がつきます。

もちろん状態にもよりますが、価値のあるものほど高く売れると思って良いでしょう。
ノーブランドの一般的な着物の場合、振袖や訪問着は、5千円〜1万円。

黒留袖や小紋、袋帯などは4千円〜8千円くらいです。
いずれも証紙つきの場合ですので、証紙がない場合はこの相場より下がると思ったほうがいいでしょう。

たとえ100万円で購入した着物でも、中古になると10万以下で販売されています。

買い取り価格は中古販売価格以下になるのが当然ですので、買ったときの価格の10分の1で買い取ってもらえればいいほうだと思っておきましょう。事前に中古販売業者を見に行って、あなたの着物と似た着物が、どれくらいの価格で売られているか見るのもおすすめです。

中古販売価格の半額くらいで買取りしてもらえれば、いいほうでしょう。
思い入れのある着物は、売らずにリメイクする等して、着続けたほうがお得ともいえます。

トップページへ